会社紹介

セルニクスは電力線通信技術を源泉とした電子、通信技術を朝鮮、プラントの溶接装備分野に適用し、新しい標準を提示するR&D専門企業です。

経営理念 CI & BI

CI (Corporate Identity)

“セルニクスの新技術である三列がなくて二列の溶接ラインをスパークと火花をシンボルにし, 太極文様は韓国の溶接及び電子通信の専門企業で跳躍するセルニクスの自身感を表現しました。”

意味
セルニクスのCIは COREA + ELECTRONIC + CELLの 合成語です。COREAは誇らしい大韓民国を代表する企業を意味し、セルニクスはELECTRONICの略字で エレクトロニクスという基本的な意味からも電子通信技術を意味します。
CELLは細胞は基本的な意味を持つが、研究の基本単位にもよく使われており、これは、研究開発中心の電子通信企業を志向してSは 複数の意味でSを追加しました。
説明
会社特性の一点にポイントを置き「柔らかくて強いスパークと火花(企業)」というモチーフで曲線ラインを生かしてデザインのコンセプトをつかみました。
デザイン的特徴としては、自社の溶接機のメリットである3列ではない2列の溶接ラインをスパークと火花の形で表現し、全体的に硬くなりうる工業会社をウェーブに融合して火花の形で表現し、全体的に硬くなりうる工業会社をウェーブに融合して 「21世紀の電子通信をリードし、大韓民国を代表する世界的な企業」というスローガンを込めています。

BI (Brand Identity)

地球上において最も神秘的で長い間(1億6千5百万年)繁栄していた恐竜を文型化し、頼もしい技術を基に核心的な製品を生産しようとする(株)セルニクスの研究努力と意地を込めている

意味
セルニクスのBIは DINNOS : Digtal innovation Systermの新調合成語です。地球上で最も神秘的で長い期間(1億6千5百万年)栄えた恐竜を文型化しました。 DIはDigitalを意味し、恐竜の頭(開かれた思考、胸(覇気と情熱、腕(社会貢献)を文型化したし INNOはInnovation(革新)を意味し、恐竜の胴体(企業インフラ)と堅固な橋(基盤技術)を文型化しました。 Sは象徴的な意味でSystem, Solutionの意味を含めて恐竜の尻尾が空に向かって伸びた形状を文型化して組織の結集された力と技術を基に、グローバル企業志向します。
説明
地球上において最も神秘的で長い間(1億6千5百万年)繁栄していた恐竜を文型化し、頼もしい技術を基に核心的な製品を生産しようとする(株)セルニクスの研究努力と意地を込めている。