会社紹介

セルニクスは電力線通信技術を源泉とした電子、通信技術を朝鮮、プラントの溶接装備分野に適用し、新しい標準を提示するR&D専門企業です。

あいさつ

新しいものを迎え入れるということは、常に変化を受け入れなければならないということを意味するため、その変化に押し流されて.消えることなく確実な位置付けをするためには、人より優れた視覚で未来を準備しなければならないと思います。
誰かが成し遂げた道を追って時間を浪費するよりは、前人未到の新しいものを開発することこそが私に与えられた使命なのだと思います。

そのような信念により、数年間の研究と開発を通じて新たな製品CO2溶接機の電力線通信遠隔制御ボード、 CO2溶接機のメイントランス保護回路、国内初32bit MCU搭載型CO2溶接機用MAIN BOARD等を世間に披露することになりました。

それらは主に溶接装備に使用される核心製品として溶接装備に電子通信技術を融合し、性能改善とコスト削減を叶える新しいシステム的な要素を創出し、世界の注目を集めています。しかし、それは弊社が成し遂げたことに対する見返りだとは思いません。

それは、もっと研究に一生懸命邁進し、より便利で効率性の高い新しいものを作り出すようにという多くの人々からの激励だと思います。

ここにとどまらず、国内の溶接関連の優秀な生産技術を保有する企業及び研究人力等の戦略的パートナーを発掘し、これまで劣勢にあった国内の溶接装置産業の復興と世界溶接機市場をリードして大韓民国の技術の優秀性を広める企業を作り、溶接機を知ってから夢見てきた名実ともにした溶接人たちの技術の場、情報交流の場、製品販売の場になるウェルドパーク (WELDPARK) を建立するのが最終目標です。

オ•ウヨン